忍者ブログ
2017/12    11« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »01
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人間の皮膚には境界の明確な褐色のシミができることがあります。
老人性色素斑、摩擦黒皮症、雀卵斑、脂漏性ゆうぜい、花弁状色素斑、炎症後色素沈着などです。
老人性色素斑は紫外線を多く浴びた人に出やすいといわれています。



老人性という名前ですが、20代から出ることもあります。
まだ薄いシミならば美白剤でも解消できることがありますが、濃いシミに対しては難しいようです。
摩擦黒皮症は、ナイロンのタオルやボディブラシで肌をゴシゴシ擦りすぎると、
その刺激によってできるシミであり、黒褐色をしたシミになります。

雀卵斑はそばかすと呼ばれています。子どもの頃から思春期にかけて出始める淡褐色のシミです。
遺伝の関係で出るといわれています。
茶色や黒いシミで肌の上にくっついているように見える脂漏性ゆうぜいは、
年を取ると増えるシミです。

女性ホルモンの調整がうまくいっていない時には肝班ができやすく、
強めの紫外線を海水浴などでずっと受けていると背中や肩な花弁状色素斑呼ばれるシミが
できてしまいます。

虫さされややけど、切り傷などの肌トラブルば発生後、その炎症が色素沈着をして
炎症後色素沈着というシミになることがあります。
シミは治療で除去できる場合があります。老人性色素斑はケミカルピーリングやレーザー照射が
有効で、まず使うものはケミカルピーリングとなります。

膏薬や塗り薬などをシミに塗って治す摩擦黒皮症治療は年単位の時間がかかります。
薬の他、ケミカルピーリングやレーザーも効果を発揮するものに雀卵班があります。
炭酸ガスレーザーを使って脂漏性ゆうぜいの治療をするという方法があります。

肝班は基本的に薬を使います。
外用薬やレーザー治療で花弁状色素班の対策が可能ですし、ケミカルピーリングや外用薬で
炎症後色素沈着の解消が期待できます。
どんなシミができたかで、それぞれとるべき対応策が違います。
PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- シミとかたるみ何とかしたい!! --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]