忍者ブログ
2017/07    06« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シミ治療はどんな点に注意してを受ければいいでしょう。
シミの要因には紫外線が大きいとされていますが、他の理由でもシミができる
きっかけは色々あります。
皮膚に肝班ができるのは、女性ホルモンの調子が良くない時や、
心の不調に陥っている時だといいます。

妊娠やピルによってシミができることがありますし、
顔をナイロンタオルなどでこすりすぎてできるシミもあります。
このように、紫外線と関わりなくできるシミも少なくありませんが、
例えば肝班は紫外線の影響によって一層目立つようにもなりえますので、
十分に気をつけてください。

医師の治療に頼らないでシミを薄くしたり、なくしたりすることもできます。
美白効果ある洗顔料や美容液を使って、シミ解消を目指すことは可能です。
美白用のスキンケア用品は、ネットや新聞広告などを探せば簡単に見つけられます。

今すぐにでもシミを解消したいという方は、エステや美容クリニックでの
シミ取りコースがいいでしょう。
シミ取り技術は年々進んでおり、今ではレーザー治療やフォトフェイシャル、
ケミカルピーリングなど多くの手法が存在します。

紫外線、肌にとって大敵といわれていますが、なぜ肌に悪いのかを説明します。
紫外線を受けた皮膚はメラニン色素を作って、紫外線の刺激から肌をカードしようといます。
色素は新陳代謝と共になくなってきますが、
程度が酷ければその部分が色素沈着を起こしてしまいます。
メラニン色素の色素沈着が続くと、肌のみずみずしさが失われ、弾力もなくなってしまいます。
皮膚科で治療が必要なほどのシミになる前に、日頃からのシミケアが重要です。
PR
人間の皮膚には境界の明確な褐色のシミができることがあります。
老人性色素斑、摩擦黒皮症、雀卵斑、脂漏性ゆうぜい、花弁状色素斑、炎症後色素沈着などです。
老人性色素斑は紫外線を多く浴びた人に出やすいといわれています。



老人性という名前ですが、20代から出ることもあります。
まだ薄いシミならば美白剤でも解消できることがありますが、濃いシミに対しては難しいようです。
摩擦黒皮症は、ナイロンのタオルやボディブラシで肌をゴシゴシ擦りすぎると、
その刺激によってできるシミであり、黒褐色をしたシミになります。

雀卵斑はそばかすと呼ばれています。子どもの頃から思春期にかけて出始める淡褐色のシミです。
遺伝の関係で出るといわれています。
茶色や黒いシミで肌の上にくっついているように見える脂漏性ゆうぜいは、
年を取ると増えるシミです。

女性ホルモンの調整がうまくいっていない時には肝班ができやすく、
強めの紫外線を海水浴などでずっと受けていると背中や肩な花弁状色素斑呼ばれるシミが
できてしまいます。

虫さされややけど、切り傷などの肌トラブルば発生後、その炎症が色素沈着をして
炎症後色素沈着というシミになることがあります。
シミは治療で除去できる場合があります。老人性色素斑はケミカルピーリングやレーザー照射が
有効で、まず使うものはケミカルピーリングとなります。

膏薬や塗り薬などをシミに塗って治す摩擦黒皮症治療は年単位の時間がかかります。
薬の他、ケミカルピーリングやレーザーも効果を発揮するものに雀卵班があります。
炭酸ガスレーザーを使って脂漏性ゆうぜいの治療をするという方法があります。

肝班は基本的に薬を使います。
外用薬やレーザー治療で花弁状色素班の対策が可能ですし、ケミカルピーリングや外用薬で
炎症後色素沈着の解消が期待できます。
どんなシミができたかで、それぞれとるべき対応策が違います。

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アーカイブ

P R

| HOME
Copyright ©  -- シミとかたるみ何とかしたい!! --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]